不動産についての法律や税制

不動産についての法律や税制

不動産を扱う際には、種々の知識が必要となります。不動産の製法やその違いなどはもちろんですが、法律の知識は欠かせません。

不動産の取引や建築などは宅地建物取引業法、国土利用計画法、都市開発法等、さまざまな法律の上で成り立っています。自治体によっては、京都市で派手な色彩の不動産を規制するよう景観条例があるように、自治体ごとで確認する必要が生じてきます。

また、不動産取引には各種の税金がかかってくるので、税制の知識も不可欠になってきます。印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などたくさんの制度があります。また、税制は毎年のように変更されます。

不動産を扱う商売を志そうとするときは、そうした種々の知識が必要になることを意識しておきましょう。

 

不動産投資と表面利回り

不動産投資を開始しようと考えている人の中には、表面利回りという言葉の意味がわからないという人も多いのではないでしょうか。表面利回りは収益物件を探す際に大きな指標となるものなので、これを機会に覚えてしまうことをオススメします。

ここで、表面利回りとは、一般的に問題となる不動産の年間家賃収入を、不動産の購入代金で割った際のパーセンテージのことを指します。たとえば、1月10万円の賃料収入が見込める不動産が1200万円で売っていた場合、表面利回りは10%となるわけです。

不動産投資をする際には、毎月賃料収入が見込めるかわかりませんし、不動産購入代金以外にも諸経費はかかるために、表面利回りだけでは予測できないことが多いです。それでも、不動産投資戦略を練るための基本的な指標となるため、覚えておくと便利です。

 

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

 

Calendar