サラリーマンも不動産投資の時代

サラリーマンも不動産投資の時代

ご存知のようにデフレ基調にある日本では、サラリーマンのお給料が下がり続けています。確かに物価も下がってはいますが、ライフステージの進行とともに子供も育つのでお金が必要でしょう。

お給料が下がる中でお金が必要になるわけですから、何とかしてお金を稼がなくてはなりません。そこで注目を集めているのが不動産投資です。

不動産投資というとお金持ちが行う投資のイメージですが、最近ではサラリーマンでも取り組む方が多くなっています。

サラリーマンの場合、高額な不動産というよりもお手ごろな不動産を購入して運用していくと言う形が多くなります。

あくまでもリスクを管理して、小額投資、小額回収を目指すのが基本です。リスク管理できるので入門しやすい不動産投資だと思います。

 

不動産の憲法、宅地建物取引業法

宅地建物取引業法は、不動産業界の憲法とも呼ばれる重要な法律です。不動産会社や事務所に関する規制から、不動産取引に関する規制まで、幅広い内容が含まれています。

不動産会社に関しては、国土交通大臣や都道府県知事の許可を受けている標識、取引の報酬額の規定、宅地建物取引主任者の表示など、様々な内容を定義しています。

また、宅地建物取引業法では、不動産取引に関する内容も細かく定めています。契約を取り交わす際には、事前に重要事項に関する説明文書を配布した上で、契約も必ず文書で取り交わさなくてはならないというように定められているのです。

また重要事項も主任者証を持つ者が提示しなくてはならないと決まっています。

不動産は「一生の買い物」であるため、その分しっかり決まりがあるともいえましょう。

 

町田 不動産町田 ゴルフスクール

■ 東京23区内
       
       
       
       
       
       

 

Calendar