不動産売却にかかる諸費用と税金

不動産売却にかかる諸費用と税金

不動産の購入の事でありますが、私は関東に住んでいた若い頃は通勤にそこそこ便利である、道路や下水等の環境がいい点を重要視して住いを選んできました。

その後、興味を持ってある有名な経済学者が書いた本を読んだところ、今後時代がどう変わろうと不動産の値打ちは、駅前等の交通に便利な所、生活に便利な場所は価格が低下しないので、そのような場所を選ぶ事ですよ、としきりに力説していたのを読んでなるほど思っていました。

それから時代が過ぎ、ある事情で住いを移る事となりまして、マンションでの仮住いしながら一戸建て不動産を探しました。

その時に本の内容を思い出してなるべく駅に近い所を優先し探しました、当然価格面も高価でありましたが何かと判断し現在の住宅に決めた訳です。

まあ、結果的には不動産は駅前等がい有利、という説は間違いがないようでして国内の地価の低下にもなかなか強いところありますので、今後景気が上向いてくればまた不動産の向上に期待できると思っているところです。

不動産売却にかかる諸費用と税金

転勤になったので、住んでいた不動産のマンションを売却しようと思っていましたが、不動産を売却する場合には、どのような費用がかかるのか調べてみました。

そのため、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、不動産売却にかかる諸費用&税金について紹介していました。

その内容を見てみると、不動産売却時に必要となる諸費用と税金には、仲介手数料があるということで、ほとんどの場合に必要となるのが不動産会社に支払う仲介手数料ということでした。

また、仲介手数料の相場は、一般的には「売買代金×3%+6万円(消費税別)」ということでしたが、不動産会社によっても異なるということでした。

また、測量費用ということで、地積を確定するための費用で、一般的な場合、10万〜20万円程度が相場ということでした。

また、その他、売却に伴って利益が出た場合には、その利益にかかる所得税や住民税も必要ということでした。

■ 東京都下
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar