不動産業界への就職

不動産業界への就職

不動産を購入する際に選ぶ会社は大きく分けて2つに分かれると思います。1つは地元の不動産屋、もう一つは大手不動産会社です。

地元で長く営業している、地域密着型の不動産屋の特徴としては、土地、家屋などの不動産について詳しく知っていることだと思います。

もし、その不動産について過去に何か良くないことが起こっていたとしても、長く地元で営業している不動産屋なら事情をしっているはずです。

不動産自体のことだけでなく、周りの環境や、近くに住んでいる人たちの情報も沢山もっているでしょう。そうしたことが地元の不動産屋で購入するメリットだと思います。

次に大手不動産屋の特徴です。それはずばり物件の数だと思います。大手メーカーはCMをバンバン流したりしていて、知名度や信用が高いので、持ち込まれる物件が多いです。それだけ自分の気に入った不動産に出会える確率が高くなります。

どちらを選ぶかは自分がどのような不動産を求めているかで決めればいいと思います。

不動産業界への就職

今学生の人で、就職するにあたって、不動産業界ではたらきたいと思う人もいるでしょう。不動産で働く、というと、学生のうちは、いわゆる不動産屋さんをイメージする学生さんが多いかもしれません。しかし、実際には不動産にまつわる仕事というのは、実際に知られている以上にたくさんあります。

不動産の中でも、大型のショッピングモールなどを専門にテナントを誘致するスペシャリストという仕事もありますし、不動産の電気に特化した技術的な仕事もあります。

また、不動産の賃貸や売買の契約書をつくるといった、法務的な仕事というのを専門にしている不動産業の会社もあります。

このように、不動産業界の中は思う以上広範囲に渡っていますので、就職するときには、その適性判断も大切です。

■ 東京都下
       
       
       
       
       
       
       
     

 

Calendar