ポートフォリオの一つとしての不動産

ポートフォリオの一つとしての不動産

不動産を購入したいと思っていましたが、不動産を購入するときの、不動産の価格というものは、どのようにして決まるのかよく分かりませんでした。

そのため、不動産価格はどのようにして決まるのか、インターネットで調べてみました。

その結果、不動産価格というのは、個別の「取引」ごとに決ままるので、客観的なデータだけでは、その不動産価格を完全に検証することはできないということでした。

また、不動産を購入する場合に失敗しないためには、専門家からのアドバイスももらって、できるだけ多くの情報を収集して、不動産価格に関して自分でよく検討を行うことが必要ということでした。

また、取引の相手と自分が納得するまで交渉を重ねて、取引することが必要ということでした。

ポートフォリオの一つとしての不動産

現在、日本や海外で人気のある投資の形のひとつに、ポートフォリオというものがあります。ポートフォリオというのは、簡単にいうと、不動産などのいくつかの投資先をセットにして、ひとつの投資対象として扱えるようにしたものです。この投資先として不動産が人気です。

ひとつの投資先、たとえば、株、たとえば不動産、に投資をしていると、そのひとつがダメになったら、もうおしまいです。しかし、いくつかの投資を組み合わせることによって、一つがダメでも、他の投資の収益で補うことができます。

上下のぶれをお互いに補い合うようにするというものです。この投資先としては、株の他にも、不動産や、新規事業といったかたちでいろいろとありますが、ポートフォリオに組み入れるひとつとして、やはり不動産は人気だといわれています。

■ 横浜、川崎
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar